ブブカ育毛剤効果ない?

スポンサードリンク

ブブカ育毛剤は効果あるのでしょうか?

ブブカ

ブブカには、発毛効果は期待できません。

 

しかし、BUBKA(ブブカ)の新育毛理論が生んだ新成分「M−034」は、外毛根鞘細胞の増殖を助けることで、抜けづらい髪を作り、髪の成長を助ける効果は期待できます。

 

あなたの頭部が、すでに薄毛の進行が早く、頭皮の大部分が露出してしまうような薄毛だとすれば、この「濃密育毛剤BUBKA」ではなく、他の育毛剤を探したほうがいいでしょう。

 

新育毛成分「M−034」の効果

「育毛剤BUBKA」には、「M−034」という新育毛成分が配合されています。この「M−034」は、髪の毛根にある毛包と呼ばれる部分に直接作用し、外毛根鞘細胞の増殖を助けるようです。

 

外毛根鞘というのは、髪の毛を抜いたときに健康な毛の根本についている、柔らかくベタベタしている白い部分のことです。

 

外毛根鞘の役割は、毛穴と毛髪の間を埋めることで、毛穴から毛髪が抜けるのを防いでくれる大事なものなので、外毛根鞘細胞が増殖することで、抜けづらい髪になるということになります。

 

他にも、毛の退行を抑制する効果や、血行促進、保湿効果があるので、「M−034」は、髪は抜けづらく、これから生えてくる髪の成長も助ける成分ということになります。

 

新育毛成分「M−034」の正体

「M−034」は、褐藻類(かっそうるい=昆布やわかめなど)特有のぬめり成分を日本初の先端抽出技術によって無駄なく抽出した、濃密なエキスです。

 

昆布や海藻類は、昔から髪に良いものというイメージがあります。実際、海藻類から抽出したエキスを使用した化粧品やシャンプーなども多く作られていて、高い保湿力があることも知られているので、化粧水やハンドクリームの原料になっています。

 

その褐藻類から抽出した「M−034」には、育毛力と保湿力の両方を兼ね備えた成分として、「育毛剤BUBKA」に配合されたということです。

 

調べたところ、「M−034」は確かな研究機関が開発し、実験や検証もされていることがわかりました。しかし、「M−034」を配合した育毛剤としての内容や効果については疑わしいものがあります。

 

ブブカとミノキシジルとの比較実験のカラクリ

ブブカ育毛剤は効果ない?

ブブカの公式サイトでは、アメリカでその発毛効果が認められ、医薬品として認可されている「ミノキシジル」と、「育毛剤BUBKA」を比較検証したデータが掲載されています。

 

結果は、どちらも同じようなグラフとなっていることから、同等の効果があるということになっています。

 

しかし、このデータでは、実験の被験者が何人いるのかがわかりません。データを素直に見れば、ミノキシジルと「育毛剤BUBKA」を一人ずつの被験者に対して実験したようにも読み取れますが、それでは検証としては成立しません。

 

実験の結果が偶然ということもあるからです。

 

それに、被験者の頭髪の状態もわからないため、健康な髪の被験者なのか、薄毛の被験者なのかによっても、これから購入を検討する人にとっては大違いではないでしょうか。さらに言えば、ミノキシジルは医薬品だから高い副作用のリスクがある成分だと注意書きがされています。

 

確かに、ミノキシジルは効果が強過ぎるため、頭皮が弱い方が使用すると肌荒れになる心配があります。しかし、「高いリスク」があるのは、効き目もそれだけ高いことによる副作用なのです。

 

これが、医薬部外品でしかない「育毛剤BUBKA」の方が優位だという根拠にはなりません。逆に、医薬部外品でしかない「育毛剤BUBKA」は、副作用もない程度の、効果が薄いものだと言えます。

 

有効成分が32種類配合ってホント?

ブブカの内容成分に書いてあるべき“有効成分がどれを指すのか”という表示が見当たりませんでした。その代わりに、「M−034」を表す「海藻エキス-1(M-034エキス)」が一番頭に書かれています。

 

「育毛剤BUBKA」の内容成分から、本来の育毛剤としての有効成分は「ジフェンヒドラミンHCI」、「センブリエキス」、「グリチルリチン酸2K」だと考えられます。

 

有効成分と表示できるのは、医薬部外品として認可された成分だけですから、32種類も有効成分と呼べるものが入っているはずはないのですが、うまくごまかそうとしているように見えます。

 

とはいえ、「オウゴンエキス」、「オランダカラシエキス」、「松エキス」、「人参エキス」など、髪の成長を阻害する男性ホルモン抑制効果が期待できる成分も配合されているため、一概にダメなものと言うことはできません。

 

無添加って本当に良いことなの?

ブブカ

「育毛剤BUBKA」は無添加で防腐剤も入れていないようです。

 

防腐剤が入ることで、髪や頭皮に悪い影響があるかもしれないからというのが、その理由のようですが、育毛剤の品質を長く保とうと思えば、添加物は欠かせないものです。

 

無添加にすることで、わざわざ腐り易くしているものを買う必要はないでしょう。

 

「国が認めた育毛剤」という言葉には注意!

育毛剤の広告で、「国が認めた育毛剤」または、「厚生労働省が育毛効果があると認めた」といった言い回しがされていたら、注意が必要です。

 

育毛剤とは、医薬部外品の育毛用化粧品のことを指します。厚生労働省では、基準に沿った配合で作られたもので申請すれば、審査時間はかかるものの、医薬部外品の認可をします。

 

ということは、育毛剤であれば医薬部外品は当たり前のことで、けして「育毛剤BUBKA」が特段優れているわけでも、「M−034」が認められたわけでもありません。

 

「国が認めた育毛剤」などという言葉は、消費者を無知だと言っているも同然です。

 

 

スポンサードリンク