育毛剤買ってはいけないのは?

スポンサードリンク

こんな育毛剤は買ってはいけない

普通の育毛剤(=医薬部外品)は、薬ではないので、髪が生えるものではありません。
広告としても、育毛剤なので表示できることは限られます。
つまり、ただの育毛剤であれば、内容はほぼ同列であり、どのメーカーの商品も大差ありません。

 

買ってはいけない育毛剤は?

「医薬部外品」以外の+α成分が育毛剤選びのポイントになります。

 

「医薬部外品」としてはその成分を持ち出して「発毛する」と効能効果を言えなくても、実際に効果のある成分や理論が盛り込まれている可能性があります。

 

そんな、効果のある育毛剤を選ぶことができるように、ここでは逆に買ってはいけない育毛剤の見分け方を紹介いたします。

育毛剤の有効成分を一番の特長としている商品

育毛剤として認可されている有効成分では、発毛効果は期待できないため、それ以外の成分を特長としている育毛剤の方が発毛効果がある可能性が高いです。

 

「厚生労働省認可」を売り文句としている

育毛剤であれば、「医薬部外品」であるため、厚生労働省の認可を得ていることは当たり前であり、それを広告表記するということは、無知な消費者を欺こうとしている可能性が高いです。

 

「特許成分配合」「生薬配合」などの禁止ワードが使われている

禁止ワードすれすれをあえて表記するのは、広告制作者の腕ではあります。 しかし、明らかな禁止ワードを安易に使用するというのは、配合成分の本来の力で勝負できない証拠だと言えます。

 

他社と比べて明らかに安い

金額と効果は比例するものではありませんが、それなりに研究・開発がされていれば、それなりの値段になるものです。「大手と比べて広告宣伝費をかけないから安い」というような商品もありますが、商品価値があれば自信を持った価格設定をするべきでしょう。

 

「○○日試して効果がなければ全額返済」などのお試し期間がある

こうした返済サービスは自信があるからという理由で増えてきています。しかし、あくまでも商品に対する注文数を上げるためのサービス企画であり、育毛や発毛効果と連動するものではありません。

 

無添加育毛剤は実は危険?!

育毛剤

最近よく見かける、「無添加」の化粧品類ですが、育毛剤にも「無添加・無香料」を表示しているものがあります。

 

無添加ということは、余計なものは一切ないので、髪や頭皮に必要なものだけが配合されていて一見、良いもののように感じます。しかし、無添加ということは、酸化防止剤や防腐剤も入っていないということになります。

 

よく考えればわかることですが、防腐剤が入っていないということは、「腐る」ということです。

 

あなたは、腐った水ときれいな水を見分けられますか?

 

例えば、水道水からコップに入れたばかりの水と、腐った水なら見比べればすぐにわかるかもしれません。それが、2、3日経っていたらどうでしょう?

 

育毛剤であれば2ヶ月や3ヶ月もたせないといけません。添加物は、商品の品質を保つために配合されているものなので、化粧品全般に言えることですが、無添加で良い事は一つもないと思ってください。

 

スポンサードリンク