育毛サロンは効果ない?

スポンサードリンク

育毛サロンは効果ない?

育毛サロンは効果ない?

あなたは、これまで育毛サービスを扱うサロンへ行ったことがあるでしょうか?

 

無料体験などで気軽さをアピールしてサロンへ誘引している広告をよく見かけます。

 

どこの育毛サロンなら親身に相談に乗ってくれて、実際に髪が生えるのだろうかと、悩まれてる方も少なくないと思います。

 

しかし、もうそんな悩みは必要ありません。大手サロンとして、アデランス、アートネイチャー、スヴェンソン、プロピアなど育毛サービスを扱う業者はいくつもありますが、そのどれもが薄くなった髪を復活させる効果はありませんので、育毛サロンをどれにしようなどと迷わなくて大丈夫です。

 

なお、ここでは育毛サービスを取り扱う「育毛サロン」についての説明をします。「育毛クリニック」などは、発毛治療を行う医療施設のため、別物だと思ってください。

育毛サロンは効果がない理由

育毛サロンで実際に育毛サービスを受けると、頭全体が気持ちよく、頭皮はポカポカとして血行が良くなり、毛穴の汚れも確かに落ちている(どの育毛サロンでも頭皮をモニターに写して確認させられます)ので、髪が生えてきそうな気がします。

 

しかし、あなたも床屋や美容室で洗髪をされたことがあると思いますが、人に頭を触られると本能的に気持ちが良いものです。また、頭皮をマッサージされれば、血行が良くなるのは子供でもわかるでしょう。

 

育毛サロンは効果ない?

さらに、毛穴の汚れは、普段のシャンプーでも十分落ちているのですが、普通は、家庭で拡大カメラに写してモニター越しに頭皮を確認したことなんてしませんから、それが実感できないだけです。

 

今は同じ機能の拡大カメラがおもちゃとして売ってますから、試してみるのも良いかもしれません。倍率は200倍もあれば十分です。

 

つまり毎日シャンプーし、育毛剤を塗布している方が、育毛サロンへ行ったところで、 結果は同じなのです。

 

あなたが育毛サロンを選ぶ理由は、現在も続く薄毛に悩んでいるからでしょう?であれば、同じことを育毛サロンスタッフにされるだけで、効果の有無はあなたが一番良くわかっていると思います。

 

育毛サロンに求めるべき効果

髪を生やしたい、発毛させたいということで、育毛サロンを選ぶのはやめましょう。そういった効果は残念ながらまったく期待できません。さすがに大手育毛サロンでは、この点を十分に理解しているので、「髪が生える」とは広告していないと思います。

 

「髪を強く・太くする」という言い方で薬事的なところをぎりぎり渡っているにすぎません。せいぜい「現状維持を頑張りましょう」ということを暗に示しているに過ぎないのです。そのようなところに期待して数十万もお金を使うのはお勧めできません。

 

ただし、髪を生やす効果はなくても、「誰かにすがりたい。」「誰かに悩みを聞いてもらいたい」という気持ちもあるでしょう。薄毛に悩む方の多くは、なかなか正直に自分の悩みを家族や友人に話せないものです。そうした時、育毛サロンは、(自称)専門の毛髪カウンセラーが髪についての悩みを聞いてくれることで、薄毛で悩む気持ちが和らぐのも事実です。

 

そして、発毛しないまでも、頭皮の緊張を解きほぐすマッサージ等の行為を実際に行うことから、気持ちよいと感じるのも事実です。結果として、育毛サロンでは、感覚的な付加価値にお金を払っているということになります。

 

あなたが、薄毛の相談相手と頭皮マッサージを育毛サロンに求めるのであれば、育毛サロンを選択することは良いのでしょうが、髪を生やしたいのであれば、少しでも別の方法を模索した方が良いでしょう。

育毛サロンとは

育毛サロンは、いくつかパターンがありますが、大きくは2種類に分けられます。

  • かつら業者が育毛サービスを行っているサロン
  • 育毛サービスを専門で行っているサロン

この2種類の育毛サロン、特別何かが違うのかというとそうでもなく、大まかな施術の流れや、考え方・仕組みは同じで、基本的には、以下のようになります。

  1. 頭皮の毛穴に詰まった汚れを除去
  2. きれいになった毛穴に、育毛剤を塗布

たったこれだけ?と思われたあなたの考えは正しいです。たったこれだけのことをするのに、大掛かりな装置を持ち出し、薬剤などを用意して数十万円の役務契約を結ばせるのです。

 

育毛サロンの施術の流れ

育毛サロンでは、次のような流れで施術が行われます。

  1. クレンジング(頭皮の汚れを浮かせる)
  2. 洗髪(浮かび上がらせた汚れを洗い流す)
  3. 育毛剤塗布(キレイになった頭皮に育毛剤を塗布する)
  4. 頭皮マッサージ(頭皮の血行促進)

この流れの途中に、各社それぞれ趣向を凝らしていて、例えば、1のクレンジング時に炭酸温水を使用して炭酸の刺激で血行促進を行ったり、3の後に赤外線を当てて発毛を促したり、2種類の育毛剤を使って3→4→3といったサービスの差別化を図っているようです。

 

ただ、一つ間違いないのは、大手育毛サロン含め、実施されている育毛サービスは、町の美容室が行っているヘッドスパと同じだと言って良い内容です。

スポンサードリンク